賃貸アパートで火事を起こしてしまった時の責任範囲

賃貸住宅用保険

賃貸アパートに入居中に火事を起こしてしまいとなりの部屋の家財を焼失させてしまった。

これは一大事ですね。

皆様も不動産屋で賃貸契約を結んだタイミングでおそらく

なにかしらの保険に2年契約20,000円くらいで加入して

いると思いますが、実際どういう契約内容になっているのでしょうか。

まず大前提にある考えが民法709条の故意または過失によって他人の権利を侵害した場合は損害賠償責任があるよ

という考え。そのうえで、失火の責任に関する法律というのがあり、失火の場合は上の709条は適用されません

と守られています。これは、自分の家も焼けた上に隣家まで保証するのは賠償能力を超えてしまうという考えも

あるようです。ただし、たばこの不始末といった重過失がある場合は賠償しなさいといっています。

 

ということは、隣の部屋の家事で、自分の部屋が焼けてしまった場合は???

自分の部屋の大切な家財が保証されず泣き寝入りになる。

 

 

 

これに備えるために、部屋を借りるときには火災保険に入っているのですね。

逆のパターンで自分がうっかり家事を出した場合、損害賠償責任が無いからといって、ニコニコと生活

していられるほど、肝っ玉がおっきくないのが普通だと思うので、見舞金をもっていくと思います。

その費用をカバーしてくれる失火見舞費用保険金というのも費用保険金としてはあるのです。

a0002_009337

隣家の人には損害賠償が発生しないというのはわかりましたが、

じつは貸主である大家さんには損害賠償責任は免れません。

これは民法709条は、不法行為責任は否定していますが、

債務不履行責任については規定していないことからです。

火元の人は隣家とはなんら契約関係にありませんが、

大家さんとは賃貸借契約を結んでいます。

 

善管注意義務があるので、大家さんには賠償責任が発生してしまう

のです。そのため、賃貸契約のときに入った保険には借家人賠償責任保証がついているはずです。

このように、賃貸でアパート生活を始めた場合、さまざまな利害関係者と責任関係が生じたり、

意外にも生じなかったりと複雑に入り乱れているので、保険加入は大事になってきます。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
新井 友和

新井 友和

代表取締役株式会社Arrival
品川区と大田区で自主管理されているオーナーさま向けにアウトソーシング事業をおこなっている、現場職人系ファイナンシャルプランナーです。内装工事~賃貸募集、保険業務、消防設備までご相談ください。