たばこ部屋の原状回復は予想以上に大変です。

原状回復工事
過去に何度もたばこのヤニで汚れたお部屋を原状回復いたしましたが、たばこの匂いは、予想以上に残ります。


 

 

 

 

壁紙や床を張り替えるレベルでは、とても消えることのない匂い。

 

匂いのもとは、ドアや窓枠サッシ、畳、トイレ内、キッチン換気扇…

表面上の張替えでは対応できない場合が多いです。

 

光触媒やプラズマなどたばこの匂いを除去する商品はありますが、

ヤニの匂いを完全に除去するには、効き目はいまいちです。

 

ではどうすれば、完全除去できるか?

経験上言えることはひたすらクリーニングで匂いのもとを取り除くことです。

 

 

実に地味な作業ですが、これしかないと思います。

 

たばこ部屋の原状回復というとどうしてもクロスの張替えに

論点がいきやすく、ガイドラインでは耐用年数が6年だから…

ということになり、長く住んだ場合は、喫煙者有利になりやすいです。

 

実際は、サッシやドア、木枠部分等、ヤニのシミつき方は、クリーニングでは相当の労力がかかり、当然に費用として掛かってきます。

 

通常のクリーニングは1日ですみますが、ヤニのついた建具は

何日もかけて除去することになります。

 

賃貸借契約で喫煙禁止はもちろんのこと、たばこによる原状回復がいかに大変かを契約段階で相互認識しあうことがとても大事だと思います。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
新井 友和

新井 友和

代表取締役株式会社Arrival
品川区と大田区で自主管理されているオーナーさま向けにアウトソーシング事業をおこなっている、現場職人系ファイナンシャルプランナーです。内装工事~賃貸募集、保険業務、消防設備までご相談ください。