遺言の種類と無効の可能性

相続問題

遺言には3種類あるというのはご存知だと思います。

・自筆証書遺言

・公正証書遺言

・秘密証書遺言

 

築き上げた財産を相続人に相続するときに、なるべく被相続人のかたの遺志を反映させたいという気持ち。

とても大事なことだと思いいます。

 

この3種類の遺言形態ですが、それぞれに特徴がありますが、確実に有効にしたいという観点からいうと

公正証書遺言が適しているのは確かです。

 

なぜなら、遺言を書く人が公証人のかただからです。

 

遺言の内容がもれたりしないかなぁ?

 

 

 

なるほど、証人が2二人必要なのでその心配はございますが、

証人を行政書士といった専門家にお願いする、公証人役場で用意してもらう等

 

当然に守秘義務のあるプロにお任せすれば、秘密が漏れる可能性もありません。

補足ですが、相続人は証人にはなれませんので安心してください。

 

ドラマなどでよくみかける自筆証書遺言は、遺言の内容を相続人だけにするこはできますが、

遺言の書式に間違えあった場合、遺言そのものが無効になってしまいます。

 

無効にならないためにも、公正証書遺言をお勧めいたします。

 

 

 

The following two tabs change content below.
新井 友和

新井 友和

代表取締役株式会社Arrival
品川区と大田区で自主管理されているオーナーさま向けにアウトソーシング事業をおこなっている、現場職人系ファイナンシャルプランナーです。内装工事~賃貸募集、保険業務、消防設備までご相談ください。